月別アーカイブ: 2015年6月

KEVIN SQUID

Kevin “Squid” Bolger
Squid hates it when we call him a legend. “Yo, I gotta be dead to be a legend man. I’m in my prime!” he will tell us. So we will just have to call him a living legend. What else can you call him really? He is one of the most iconic bike messengers NYC has ever seen. He has been in movies and mags around the world.


Squidは“伝説”と呼ばれるのが好きじゃない。彼いわく「死ななきゃ伝説になれないし、今でも俺は絶好調だ!」という理由らしい。だから俺たちは生きる伝説として彼を呼ぶしかない。それ以外の呼び方って他にあるだろうか?NYCにいるメッセンジャーのまさにアイコン的存在。最近では映画に出演したり、世界中の雑誌にも登場しているOGライダー。


BORN: 1971
FROM: Queens, NY
LIVES: BROOKLYN
NAME: Childhood nickname-turned-mess-name
RIDING: Career Messenger Since \’92 here
HOW: It takes years to ride the streets in NYC like Squid does


生まれ年:1971
出身地:クイーンズ
居住地:ブルックリン
ニックネーム:子供の頃に付けられた
自転車:92年からメッセンジャー
どうやって:SquidみたいにNYCを走るのは至難の技

Squid\’s Story

Kevin “Squid” Bolger is the hardest working man alive. There is no one who has done more for the bike messenger than Squid. Born in Queens, NY in 1971 Squid started working as a bike messenger in 1992. A year later he was riding fixed and by 1995 he went to his first CMWC in Toronto. That Halloween he organized his first of many alleycats in NYC. In 1996 he hopped freights to CMWC SF in 96 and scored his first urban cycling sponsorship that year. He raced every CMWC from 1995 up until 2007 when his son was born. He’s been sponsored by Chrome since 2004.

He’s raced on the velodrome and the street, bringing urban bike culture to the main stream around the world. He’s had numerous race victories including overall win in 2003 at Kyotoloco, Monster Track IV and two consecutive Cranksgiving wins.

Squid has organized some of the biggest, baddest messenger events on the planet. This year Squid is producing the 7th Annual Velo City Tour in association with Grime Bikes: http://velo-city-tour.tumblr.com/. Really pumped to be taking this successful format and going global with it!

In 2004 Squid founded the New York Bike Messenger Foundation, a 501c3 Nonprofit that benefits Messengers and their families when they are hurt or killed on the job nybmf.org. In 2006, he formed Cyclehawk. From 2007-2011 he was a partner at Cyclehawk Messengers. Squid works part time in the summer with Transportation Alternatives, an advocacy group, and does safety outreach with delivery bikers, high schools, senior centers and nypd.

Squid has worked as a technical consultant and had a speaking part in the feature film \’Premium Rush\’ ( http://www.premiumrush.com/) a movie about NYC bike messengers slated for release late. He\’s working on a book about his 20 years on the street and behind the scenes involvement with the growth of global cycling culture and the explosion of urban cycling culture in the states. Squid is also working on bike messenger action figures and trading cards, a Velo City Tour cycling jersey, a limited edition custom bike with Brooklyn\’s own Squarebuilt and messenger artist Greg Ugalde.

And last but not least the biggest media feedback I ever got (so far) was on the Ellen show: http://youtu.be/iXR14MKTH8M
http://cyclehawk.com
http://nybmf.org


Kevin “Squid” Bolgerはこの世で一番のハードワーカーだ。バイクメッセンジャーという職業にSquidほど貢献してきた人物はいないだろう。1971年にNYのクイーンズに生まれたSquidは、1992年にバイクメッセンジャーとして働き始めた。その一年後に固定ギアに乗り始め、1995年にはトロントで開かれたCMWCに初参戦を果たす。その都市のハロウィーンに、自身が初めてオーガイズしたアーリーキャットレースをNYで開催。1996年に行われたCMWC SFに参戦した後に、初めてのスポンサーを獲得した。1995年から息子が生まれた2007年までCMWCの全レースに参加しており、Chromeには2004年からサポートを受けている。

世界中のベロドームやストリートでレース経験があり、バイクカルチャーをメインストリームに近づけることに貢献している。これまでに数々のレースで入賞経験があり、2003年KyotolocoやMonster Track IVでは優勝。さらに、Cranksgivingでは二連覇を果たした。

Squidはこれまでに、かなりデカイ規模のヤバい大会を主催してきた。今年で7回目を迎えるVelo CityのツアーをGrime Bikesと手掛けている。さらに彼が作り上げたフォーマットが世界中のレースで採用されているのはご存知の通りだ。

2004年にNew York Bike Messenger Foundationの501c3を設立。事故で怪我を負ったり、死亡してしまったメッセンジャーや彼らの家族のケアを行っている。2006年にCyclehawkを立ち上げ、2007年から2011年までCyclehawk Messengersで活動していた。夏にはパートタイムでTransportation Alternativesという自転車を推奨する団体に参加し、バイク便のドライバー、高校や老人ホームや警察に向けたレクチャーを行っている。

NYのバイクメッセンジャーを題材にした「Premium Rush」ではテクニカル・コンサルタントとして参加し、実際の映画にも出演を果たした。現在は自身がメッセンジャーとして20年間ストリートでサバイバルしてきたことや全米で爆発的な盛り上がりを見せるバイクカルチャー関する本を執筆中。バイクメッセンジャーのフィギアやトレーディングカード、そしてVelo City Tourのジャージや製作をしたり、アーティストでメッセンジャーをやっているGreg Ugaldeとブルックリンを代表するSquarebuiltとのカスタムフレームの製作なども行っている。

さらにアメリカの人気番組「Ellen show」に出演も果たしている。
http://cyclehawk.com
http://nybmf.org

Warsaw II: An Iconic Messenger Pack Returns

We built the first Warsaw—our iconic professional-grade messenger backpack—way back in 2003. The bag was designed to take shoulder-strap bags to the next level by offering messengers the ability to carry bigger loads with improved ergonomics. Messengers were stoked on the Warsaw, relying on it for everything; they earned a living, won races, and traveled across continents with their bag.

This year we decided it was time to remake the Warsaw. As much as bike messengering looks the same, a lot of things have changed since Billy Souphorse and the Godspeed crew got the first 10 Warsaw bags we made. When we made the Warsaw the focus had been shifting from delivering small items and mail, to larger documents and file boxes. Now the focus is shifting to meal delivery. Because the business of delivery is changing, we want the Warsaw II to be able to adapt.

We sat down with friends, employees, and messengers to remake the Warsaw. We added to our collective experience with veteran riders like Billy Souphorse and Squid Bolger. The Warsaw II is still based on the original, so it’s large enough to carry a file box. Even though the Warsaw II is deeper, it’s slim enough to split traffic. We removed the yoke—separating the shoulder straps helps to improve load carrying, stability, and comfort. The Warsaw II’s strap retention system keeps excess straps out of the way until you need to expand the bag. We simplified the organization to make it easier to find small stuff. We also added a tool pocket to the bottom of the bag, now tools are quick to find—and accessible separately—without digging through your cargo. The side pocket is there so give you quick access to mail and FedEx envelopes. We moved the ID holder so that the flap prevents rain from soaking it. Finally the stash pocket, it’s still there.

After multiple prototypes, we had a design which Squid, and crews across the country carried and worked with. After months of testing, the final version of the Warsaw II was approved. So after all the revisions, all the stories, and the decades of shared experience from riders and messengers, we’re ready to introduce the Warsaw II; a bag of epic capabilities for professional messengers.


Chromeは2003年にプロ仕様のバックパックWarsawを初めて開発した。人間工学にも配慮しながら大きな荷物を運べるショルダーストラップが付いたバックは、今までにないプロダクトだった。これによりWarsawはメッセンジャーから高い評価を得て、彼の生活を支え、レースや旅行などで利用されてきた。

そんな名作Warsawのリメイクが決定した。メッセンジャーの見た目こそあまり変わらないが、Billy SouphorseやGodspeed crewが初期のWarsawをゲットした頃より時代は変化しているという理由からだ。Warsawは当初小さなアイテムやメールではなく大きな荷物やボックスを運ぶために開発されたが、現在は小さなものを運ぶ需要が上がっている。デリバリーの形態も変化しているのもあり、新しいWarsaw は時代にあったものにしたいという願いの元に開発がスタートした。

Warsawの再開発にあたって、友人や社員、プロのメッセンジャーたちと改善点をよく話し合った。Billy SouphorseとSquid Bolgerというベテランメッセンジャーに開発に参加してもらい、プロの目線からの意見を反映。今回もオリジナルとは変わらず、ファイルボックスを運べるサイズをキープしている。積載量があるが、渋滞を抜けられるようにスリムな仕上がりが特徴。さらにヨークを外し、ショルダーストラップを分離させて積載性、安定性、快適さを向上させた。ストラップ・リテンションシステムを採用しているので、バックを広げる必要がない時は邪魔にならないようになっている。さらに作りをシンプルにしたので、小さいアイテムが探しやすくなった。ツールポケットも追加したので、バックの中を探すことなくツールが素早く見つけられる。サイドポケットで手紙やFedEXの封筒が素早い取り出しも可能。IDホルダーの位置を移動してあるので、雨が降ったときでもIDが濡れずにすむようになった。スタッシュポケットはそのまま残っている。

かなりの数の試作品を経て、Squidと全米のクルーが実際に使用した試作品の最終版が形になった。数ヶ月にわたるテストの後に、ついにWarsaw IIが完成。プロダクトの見直しや、ライダーやメッセンジャーから意見が反映されているので、プロのメッセンジャーをも満足させること間違いなしの仕上がりとなっている。


>FAMILIA TOPにもどる

MASSAN_FLUKER

Hailing from Oakland, raised in San Francisco and now a finding himself at a new dwelling in the concrete playground of New York City, Massan has been a terror on the streets with his track bike for over ten years. He attacks the urban terrain like a cheetah stalking his prey with fluid precision and the control of a marksman. There’s not much else you can say about his style other than jaw dropping and his video parts online prove it. Not one to be satisfied by a single passion, Massan’s prowess extends beyond the bike where you can find his second talent as a skilled photographer. On and off the bike, Massan creates.


オークランド生まれ、サンフランシスコ育ち。現在はNYを拠点にしているMassanは10年以上トラックバイクに乗り続け、ストリートを席巻してきた。都市を野性のチーターばりに駆け回り、流れるように正確なライディングでコーナーを攻める。ウェブに上がってる彼のラインディングを見た衝撃で、開いた口が塞がらなかった人も多かったはず。ライダー以外には、フォトグラファーとしても活動している。自転車に乗ってようがいまいがMassanは創作する事を止めない。


HOMETOWN: Oakland
RAISED: San Francisco
LIVIING: New York
RIDING: Track bikes for over a decade


出身地:オークランド
育ち:サンフランシスコ
居住地:ニューヨーク
自転車:十年以上トラックバイク

Q&A With Massan

Our Crew in Japan was interested in learning more about Chrome Familia member Massan Fluker. So they asked him some questions:


Q1 : Could you please introduce yourself to us?
Hello. My name is Massan Fluker and I\’m from San Francsico, but currently residing in Brooklyn NY. I ride bikes everyday.


Q2: You have visited Japan many times, what is your impression of Japan?
I love Japan! Its a playground for adults.


Q3: Where is your favorite place in Japan?
My favorite place in Japan is Harajuku. I like to people watch.


Q4 : What is the difference of bike culture / scene between USA and Japan?
That\’s a hard question. I guess the biggest difference is the equipment that\’s available depending on where you live. In Japan theres some bikes that you\’ve never seen in the States and vice versa. They\’re are some beautiful Kierin bikes there for sure.


Q5 : Why did you decide to be Familia? Was there any opportunity or trigger?
Well my friend Colby gave me the call about being on Chrome and I agreed. I was excited to go that route because I know and respect everyone on the team. I used to actually work retail with Igei and we\’ve done some trips together. Ive been on bike rides with Cardz and I know Wonka, Squid and Worrest from around the way. It was an easy decision.


Q6: Has your life been changed after you became a member of Familia?
Ha. I guess it has changed a bit because I\’m more sure that I\’m on the correct path in terms of cycling. If I want to keep riding and traveling and being involved, working with Chrome is a great opportunity for me. As a team, we\’re strong and able to do things that used to seem impossible. I hope that makes sense.


Q7: Do you have any close friend in Familia members?
Probably Igei and Cardiel. When we see each other, its chill. Listening to music and riding. Stuff like that.


Q8 : Which style do you like the best and why?
I like any style that\’s simple. Even if you\’re tech, theres a way to make it look simple. Thats what I\’m into.


Q9 : Do you have any plans to work with Chrome soon? ( collaboration, ad, event etc.)
Of course! You just have to stay tuned…


Q10 : Any message to Japanese fans?
Yes! Stay safe. Stay positive. Stay moving.



Chrome FamilliaであるMassanに、日本のChromeクルーがインタビューを行った。


Q1:自己紹介をお願いできますか?
Massan Fluker。サンフランシスコ出身だけど、今はブルックリンに住んでる毎日自転車に乗ってるよ。


Q2:日本には何回も来ていますが、日本の印象は?
日本は大好きだよ!大人の遊び場みたいだよね。


Q3:日本で好きな場所?

原宿だね。人間観察が好きなんだ。


Q4:日本とアメリカで自転車カルチャーやシーンの違いってありますか?
難しい質問だね。住んでる所によってゲットできるパーツが違うってことが大きいかな。日本ではアメリカで見かけないパーツがあるし、それはアメリカでも同じことだと思う。日本の方が美しい競輪バイクが揃っているのは確かだけどね。


Q5:なぜFamilliaに加入しようと思ったんですか?きっかけは?
友だちのColbyからChromeで乗らないかって誘いがあったんだ。チームのみんなの事は既に知っていたし尊敬もしてるから、自分にとってもいいことだと思ったんだ。Igeiとは一緒に働いたり、旅行に行ってたりもしたしね。Cardielとは一緒に乗ってるし、WonkaやSquidそしてWorrestとかも知り合いっだし。まあ、必然的な流れっていうか。


Q6:Famillaメンバーになってから何か変化はありましたか?
ちょっと変わったかもしれないね。良い方向に行ってると思う。このまま自転車に乗り続けて、旅行も続けて行くとしたら、Chromeと一緒にやっていくことは俺にとっても良い選択だと思う。俺たちは強いチームだし、今までできなかった事ができるようになったっていうか。


Q7:Familliaメンバーで一番仲が良いのは誰ですか?
IgeiとCardielかな。会ったときはいつもチルだし。音楽を聞いたり、自転車に乗ったりね。


Q8:どんなスタイルが好きですか?それはなぜ?
シンプルなのが好きだね。テクノロジーが好きでも、シンプルに見せられる方法ってあると思うんだ。そういうのが好きだね。


Q9:近々でChromeと何かプロジェクトはありますか?
もちろん!首を長くして待っててくれ。


Q10:日本のファンにメッセージをお願いします。
Stay safe. Stay positive. Stay moving.

Familia Affiliated: Massan joins Chrome

We\’re excited to announce the latest addition to the Chrome Familia, MASSAN.
Massan rides bikes. He\’s fearless on the track bike and his videos leave no words to be spoken. He has the skill of a marksman and the resolve of a suicide bomber. Originally from the Bay Area, he now lives in Brooklyn NY. Massan joins Chrome Familia members John Cardiel, Ed “Wonka” LaForte, John Igei, Bobby Worrest, Emmanuel Guzman and Kevin “Squid” Bolger.
Chrome Familia for life.
Massan is in the track bike portion of Redbull Ride And Style this weekend.


Chrome FamiliaにMASSANが加わったことをここで発表したい。
Massanの怖いものなしスタイルは、彼のビデオパートご存知の人も多いはず。彼のライディングは射撃の名人ばりのスキルと自爆テロリストなみのガッツを持ち合わせていると言っても過言ではない。もともと西海岸のベイエリア出身だが、現在はブルックリンに在んでいるMassnがChrome Familaのメンバーに正式加入を果たした。
Chrome Famlia一生なれ。
ちなみにMassanは週末に行われるRedbull Ride And Styleのトラックバイク部門に出演予定だ。

Chrome x Red Bull Ride and Style 2013

もうすでに、大半の人たちがRed Bull Ride and Style 2013に関するレポートを読んだり、#CFTV(Can’t Fool The Youth)とOmari SebaiがWheel Talkで公開したイベントリキャプ映像や友だちやバイクチームが撮った写真の数々を目にしていることだろう。その全てが最高の状態で映像や写真に収められていることは間違いなし。我々も、このWheel Talkの映像を何回再生しなおしたか分からないぐらいだ。

今年のRide and StyleにはタイからJaoaやDew、ポルトガルのRicardo Lino、英国のSimon Gomokといったメンツが世界中から集り、カナダや日本からもファンが訪れたイベントとなった。この日のサンフランシスコは、まさしくライダーだ溢れかえる一日だった。

カスタムバック、登録パーティーや俺たちのイベントスペースでRed Bullのみんなとまた一緒に働けたのは光栄だった。

今年のカスタムバックはSnow YaltaにグラフティアーティストのRiskとSam Floresが自分たちの画を思いのままにドロップしてくれた。そして他の参加アーティストであるInsaとTristan Eatonは、共同で大会のために特別に作られたランプに作品を描いた。大会を設営している時に作品を見た時点で既にヤバい作品だったが、SFの日差し中で輝くインスターレションは最高にクールだった。

ファン用のスペースに俺たちはバンで参加して、ライダーと友だちが交流できるピットを設営。結局一般参加者に向けたパーティーエリアになって、フリースタイルのコンテストの最中は、俺たちのバンの屋上は人で溢れ返っていた。

FamilaのMassanもレースで活躍。パワフルな走りながら、スムーズで軽快にライディングをしてしまうMassanのスタイルは、だれも勝てないと改めて思わされた。

バイクレースでは足に自身のある男たちがコーナーを燃やし、フリースタイルでは競技の進展をかじられる内容で、特にKenny Arimotoはジャッジ席から超ヤバいジャンプを繰り出し会場を盛り上げた。

今年のイベントではWrenchedの Rider\’s Guide版を製作。このフリーZINEには招待アスリートの写真、過去のチャンピオンや大会の採点方式などが掲載されている。デジタルバージョンはここで読む事が可能だ。

Ride and Styleはいつも通り最高の大会となった。MacaframaのJason Clareyがレース部門、Slumworm aka Matt Reyesがフリースタイル部門で優勝を飾った。参加したみんなも楽しそうだったし、俺たち自身もメチャメチャ楽しんだ。古い友だちや新しい友人を作れる機会を作ってくれたRed Bullに感謝したい。2014大会も楽しみでしかたがない。来年もまた絶対盛り上げるつもりだ。
Wheel Talkにとる大会のRecapは以下から:



>FAMILIA TOPにもどる

XLARGE®×CHROME POP UP STORE LAUNCH PARTY REPORT

CHROME が日本では現在未展開のモデルSENTINEL(センチネル)を用いてXLARGEとコラボバッグをリリース。このリリースを記念して、6月6日 (土)~6月21日(日)の期間、「LOOP Magazine」サポートのもと、XLARGE HARAJUKU内にPOP UP STOREがオープン。その前日となる6月5日(金)にローンチパーティーが開催されました。
XLARGE HARAJUKUの1Fにはコラボレーションバッグを初めとしたCHROMEのアイテムやLOOP Magazineで活躍するニューヨーク在住の写真家、坂本琢哉氏の作品が展示され、CHROMEの世界観を体感出来る空間となった。
1_5d8_6854 5d8_6755 5d8_6814 5d8_6833 5d8_6839 5d8_6871 5d8_6873 5d8_6913 5d8_6927 10_5d8_6922

Ed Wonka Laforte

CITY/STATE: All Five Boroughs, NYC
FIRST SKATEBOARD: The Firm
FIRST BIKE: Haro Zippo
SPONSORS: Grime Bikes, Chrome Footwear & Bags, Ynot Straps, Sadio.

Edward “Wonka” Laforte ニューヨーク生まれニューヨーク育ち。
Fixed Bikeのフリースタイル競技において、現在、人気・実力共にNo.1と言われる逸材。
彼がChromeの一員となった事実はセンセーショナルな「事件」として取り上げられた。
2010 年初めに、 Mike Schmitt、Joey Krillzと共にフリースタイルバイクブランド「THE GRIME」を立ち上げる。
日々スポーツ化の一途をたどる、Bike業界において逆行する彼らのブランドは直ぐに若者の心を掴み成長を続けている。
26”インチの、足の動きと連動した固定ギヤの自転車に小ぶりで肉厚なタイヤを使用する事により、ピストバイクにBMXの要素をプラスした全く新しいタイプのスタイルを確立した。
流行に敏感で、移り気の早い若者のカルチャーにおいて今後の彼らの動きから目を離すことは不可能である。



>FAMILIA TOPにもどる

JOHN CARDIEL

Hungry. Raw. Honest. Humble. Charging. All of these attempt to collectively describe in a series of single words the man that John Cardiel is. But, as words often do, they fail at representing the totality of who he is. Those unfamiliar with him have never stepped anywhere near a skateboard. The impact he has had on four wheels and plank of wood will never again be repeated. A freak accident in 2003 lead to him being told he would never walk again. 5 months later he emerged from a wheelchair and while his legs won’t cooperate with him in a way that allows him to skate as he once did, he has taken to two wheels and is now inspiring us all in new ways. Respect.


ハングリー、リアル、誠実、チャーミング。この単語たちそれそれが、John Cardielという男を説明する際に全て当てはまることは確かだろう。しかし、そんな言葉たちをしても、John Cardielの器を説明するのには十分ではない。Cardielの功績を知らない輩はスケートボートに触れた事もないだろうが、彼がシーンに残したインパクトはそう簡単に繰り返されるものではないことを知っておいて損はないだろう。2003年に起きた不慮の事故により、医師から一生歩くことができないと診断が下った。しかし、不屈の精神をバネに5ヶ月という短期間で車椅子生活から脱却。言う事を聞かない足のせいで、かつてのようにスケートができなくなってしまったが、いまではスケートボードの四輪をトラックバイクの二輪に乗り換え、世界中をインスパイアし続けている存在。我々が最大限にリスペクトを送る人物である。


CITY/STATE:Sacramento, CA
FIRST SKATEBOARD: Santa Cruz Red Dot, OJs and Indys that he’d use shoe polish on to touch-up the scratches.
FIRST BIKE: A Huffy Pro Lightning that he immediately tore all the stickers off of and told everyone it was a PK Ripper.
SPONSORS: Anti Hero, Vans, Spitfire, Independent


居住地:Sacramento, CA
最初のスケートボード:Santa Cruz Red Dot, OJs and Indys
最初の自転車: A Huffy Pro Lightning
スポンサー:Anti Hero、Vans、Spitfire、Independent



Cardiel\’s Story

John Cardiel is a destroyer. Has been since he was a runny-nosed kid on a BMX bike in the foothills of the Sierra Nevadas…was when he was awarded Thrasher Magazine’s Skater of the Year in 1992…and is still today on a track bike and all other mediums he chooses. A destroyer with an ear to ear grin. Never boastful or big-headed, Cardiel has allowed his actions to define who he is for over three decades. Hands down, John Cardiel is one of the biggest legends in the history of skateboarding.
A freak accident while in Australia in 2003 rendered John in the hospital with doctors telling him he’d never walk again. Not accepting that prognosis, he was determined to get back on his feet. Five exhaustive months of physical therapy later, he did just that. Due to nerve and spinal chord damage, John’s not able to skate like he used to, so he returned to his first love…bikes. BMX, fixed gear, mountain bike…all of the above.
Fixed gear bikes are very similar to skateboards in that they aren’t easy to ride and they’re simplistic by design. So now John takes to destroying the streets with two wheels in the same way he did with four.
John’s fearlessness, determination and never ending optimism are inspiring beyond words. We’re honored to have him as a member of the Chrome Familia and are continually humbled by all that he does.
Love By Nature…Live By Luck…Ride With Passion. All hail Cardiel!


John Cardielはデストロイヤーだ。シエラネバタ山脈のふもとでBMXを乗り回している鼻たれ小僧だったころからすでにそうだった。そして1992年にスラッシャーマガジンでSkater of the Yearに選ばれた時もそうだろう。トラックバイクに乗っていてもそうだし、どんな手段を使おうともそれは変わらない。そう、顔中を口にして笑うデストロイヤー。といっても決して自慢げじゃないし、横暴なんて言葉はほど遠い。ここ30年以上に渡って、Cardielは行動で彼がどういう漢なのか世の中に示してきた。スケートボードの歴史において間違いなくレジェンドの一人、それがJohn Cardielなのだ。
フィックスドギヤとスケートはどちらも簡単には乗れないが、シンプルなデザインで形成されている点では同じだと言えるだろう。現在は彼がスケートの世界を席巻したように、トラックバイクのシーンを牽引している。
彼の恐れしらずの決意と楽観性は、俺たちにとって言葉では説明できないぐらい重要なものだ。そんな人物Chrome Familiaのメンバーとして迎えられて光栄だし、これからも一緒に活動をしていきたい。
自然に愛され、運に生きる。情熱を持って走り続けるCardielに最大限のリスペクトを送る!

Cardiel: Pacifica Trails

When Familia member John Cardiel is not out traveling the world, or running around on tour, he likes to get down on all the terrain the Bay Area has to offer. We got to catch up with the man himself and spent the day in the hills of Pacifica with his long-time pal and photographer Luke Ogden.
Cardiel\’s bag of talent runs deep. Snowboarding Pro. Skate Legend. DJ. To name a few.
MTB is no new thing either for the man. Previously, he took us and Colby Elrick of SKYLMT to Tahoe for a “test” of his new line of Chrome Bags. But we didn\’t head out to Pacifica spend the day on the beach, instead we planned our mission to the epicly poison oak infested trails built by the homies over at SFDirtLab.
Card\’s let-it-all-hang-out style is the same thing when he\’s on a bike. Even with no brain bucket (not recommended) he charges all the hits, drop off\’s, and wall rides with no flicker of hesitation. To add to mix, he rocks track toe cages on his pedals to aid with assistance for keeping his boots planted during ride.
We packed in a fair amount of gear, snacks, and beer in our Sotnik to the spot. Cardiel carried it up and kept warm in our recently released De Haro windbreaker.
But a trail ride ins\’t proper if you don\’t take any spills.
Cardiel launched off the step down with too much speed, bottomed out compressing his Cannondale Lefty, and was ejected into a sorority of poison oak.
We\’ve said it before and we\’re sure you have too, Cardiel is the fucking man. Seeing him push or pedal anything is a thrill in itself. Make sure to stay posted for his mayhem.
Cardiel stays killing it.


我々のFamiliaメンバーであるCardielが世界中を旅したり、ツアーなどに行ってないときは、ベイエリアの様々なスポットでライディングするのが好きらしい。Cardielと彼の長年の友人でフォトグラファーのLuke Ogdenと共に、Pacificaの坂で一日を過ごした。
プロスノーボーダー、伝説のスケーター、DJなどCardielの才能は豊富だ。
マウンテンバイクも例外ではい。実はこの前SKYLMTのColby Elrickと俺らをタホまで連れて行って、Chromeの新製品の“テスト”を行った。今回訪れたPacificaではビーチに行くのではなく、SFDirtLabが作ったポイズンオークが生い茂るトライアルに挑戦することが俺たちのミッションだった。
Cardielのスタイルはバイクでも一緒で、ヘルメット無し(おすすめはしない!)でかなりガンガン攻めまくっていた。あとマウンテンバイクでは珍しいトゥーペダルを使用して、バランスに富んだライディンフを披露していた。
今回のスポットにはビールやスナックをSotnikに詰めて向かった。Cardielは最近リリースされたDe Haro windbreakerを来て防寒対策もバッチり。
トレイルはやっぱり怪我をしないと始まらない(笑)。
スピードが出過ぎてジャンプをしてしまい、Cardielの愛車であるCannondale Leftyと一緒にポイゾンオークに突っ込んでしまった。
Cardielはやっぱり超かっこいい。何に乗っていても本当に画になる。Cardiel最高!

Wonka and Cardiel ride to our Chico Factory

Too stoked to wait, Familia member Ed Wonka joined John Cardiel to scope out his new collab bags with us at our Chico CA, factory. Cards has a keen sense to detail and loves to be involved with the fabrication of his projects… Our factory is also next door to the Sierra Nevada Brewery, which ain\’t so bad.
This is what ensued on that Summer day:


新しいコラボバックの製作状況をチェックしたくてたまらないJohn CardielとFamiliaメンバーのEd WonkaというメンツでChromeのチコ工場を訪れた。Cardielはディテールに関する鋭い感覚を持っていて、自身が手掛けたプロジェクトの制作に関与するのがすごく好きらしい。工場の近くには、美味しいエールで有名なSierra Nevada Breweryがあるのも忘れてはならない。

下の動画で二人のライドが見ることができる。


Cardiel x Chrome: Sacramento to Chico from Chrome Industries on Vimeo.

Filmed by Colby Elrick
Edited by Corbin Dahl & Colby Elrick

CHROME X CARDIEL X T19

T19 X CHROME

Limited Edition collaboration with famed Japanese skate/fixed brand T19 and skate legend turned track bike savant John Cardiel.
We partnered with Japanese skate/fixed crew T19 to create a limited edition ORP, our lightweight rolltop daypack designed with skate legend and track bike savant John Cardiel. T19 was one of the initial startup skate companies in Tokyo and has been shaping the skate culture in Japan for over thirty years. They\’ve worked with Stussy, New Era, and Fragment. We\’re stoked to work with them.
T19 was founded in 1984 by five street skaters in the Shibuya and Harajuku area. T19 also helped spark the original track bike movement in Tokyo. A decade after the formation of the team, the brand T19 Skateboards was born. During the track bike show hosted by Subcrew (HK) in Beijing in 2010, the T19 team got to know John Cardiel through NYC’s John Igei. A year later, T19 and John Cardiel came together again during the FTC/Chrome Japan Tour and the idea emerged to make a T19 x Cardiel bag.
The T19 ORP features T19\’s signature blue and a custom T19 patch designed by pro skater and graffiti artist Hirotaka Sasao, 笹尾弘貴 a.k.a. “ CHAKA.” The Operation Readiness Pack (ORP) is lightweight and water-resistant and can be used as a daypack or rolled up and stowed in another bag for travel ease.
Limited quanitties for the T19 ORP now available.

Shot/ Edited: TAKEIGOODMAN


T19 X CHROME
日本を代表するスケート/ピストチームT19と超人John Cardielとの限定トリプルコラボレーションモデルがリリース。

日本のスケートクルーT19とタッグを組み、Cardiel自身がデザインを手掛けたORPの別注モデルを制作した。T19は東京を本拠地とするスケートカンパニーで、30年以上にわたりスケートカルチャーを発信し続ける重要な存在だ。これまでにStussy、New Era、Fragmaentなどとコラボしており、我々にとってもうれしいコラボとなった。
T19は1984年に渋谷と原宿界隈にいた5人のスケーターたちによって結成され、東京におけるピストムーブメントの仕掛け人的な役割も果たした。そしてチーム結成から10年が経過し、T19のブランドが誕生。香港のSubcrewが2010年に北京で主催したトラックバイクのショーで、John Igeiの紹介によりT19とCardielが出会いを果たしたという。その一年後に、FTC/Chromeのジャパンツアーで来日したCardielとT19の間に、今回のコラボバックの構想が生まれた。
T19 ORPのボディにはT19のシグネチャーカラーでもあるブルーが採用され、プロスケーター/グラフィックアーティストとして活躍する笹尾弘貴がデザインを手掛けたT19のカスタムパッチを装備。ORPは計量かつ全天候対応型モデルなのでデイリーユースをはじめ、他のバックに忍ばせておけば旅行の時などに役立つこと間違いなしのモデルとなっている。
数量限定のT19 ORPのオーダーはオンラインから。

Shot/ Edited: TAKEIGOODMAN

Familia Matters.

Our man Card\’s flew out to NY last summer to “Link Up” (no pun intended) with the rest of the Familia. He wanted to get the entire fam together and, collaboratively the team came up with this short:
Shot/ Edited: Rick Charnoski, Produced by: Six Stair
It all started as an idea brewed up by Cardiel. Our Familia is pretty spread out across the U.S. so getting everyone in the same spot at the same time is awesome. The Familia members carry a great sense of camaraderie with each other so it\’s rad to see what they can collectively come up with.


Cardielが他のFamiliaのメンバーと会うために、去年の夏にNYを訪れた。せっかく集ったFamililaメンバー全員となにか作りたかったCardielがこんなショートムービーを思いついた。
ちなみに、このショートムービーはCardielのアイデアで始まった企画だ。Familiaはアメリカ全土に散らばっているし同じタイミングで全員がこうして一つの場所に集まれたことに我々自身もテンションが上がる。Familiaのメンバーは素晴らしい仲間意識があるし、こうして何か一緒に作りだせることはすごくクールなことだと思う。



>FAMILIA TOPにもどる

URBAN ADVENTURE SPRING/SUMMER 2015 WEB CATALOG


商品カタログ [ PDF ]

PDF形式のファイルを閲覧・利用するためにはアドビシステムズ社の提供するAdobe Reader(無料)が必要になりますので、お持ちでない場合は下記のURLからダウンロードしてご利用ください。

Get Adobe ReaderAdobe Reader® ダウンロードページへ

※ Adobe Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

CHROME STORE


CHROME OSAKA ALBi HUB

hub_osaka2

店名 : CHROME OSAKA ALBi HUB
所在地 : 〒530-0001  大阪市北区梅田3-2-135 ALBi内
TEL&FAX   : 06-6147-7561
営業時間 : 11:00~21:00(不定休)
最寄駅 : JR大阪駅桜橋出口より徒歩1分

 

hub_osaka

JOHN IGEI

There are people on this earth that bring style to anything they choose to pursue. Igei is absolutely one of those people. Regardless if it’s doing a wheelie on a track bike for the length of three New York City blocks or a shifty ollie over a fire hydrant…He naturally makes it look better than anyone else around. Igei has split the last decade of his life between San Francisco and NYC where he now lives and works for DQM and continues to make all of us look like fools…both on two wheels and on four.

 

この世には何もやってもスタイリッシュにこなしてしまう奴らが少なからず存在する。Igeiも絶対そのうちの一人だ。ウィリーだけで3ブロック進んだり、消火栓の上でシフティオーリーを決めようが、どの誰よりもクールにやってしまう。ピストだろうがスケートだろうが、Igeiの前じゃ誰も敵わない。

 

CITYTY/STATE: Brooklyn, NY

FIRST SKATEBOARD: World Industries Mike Vallely Barnyard with Indy’s and Slimeballs.

SPONSORS: Western Edition, FTC and In4mation

 

居住地:ブルックリン

最初のスケートボード:Indy’sとSlimeballsで組んだWorld Industries Mike Vallely Barnyard

スポンサー:Western Edition、FTC、In4mation








>FAMILIA TOPにもどる

FAMILIA


This is the Chrome Familia. Individuals interpreting the bike and the skateboard in a way that\’s entirely their own. On the road for more months each year than they are at home, these are our authentic product testers who beat the shit out of our products on a daily basis to affirm that we\’re living up to our promise to them.


自転車とスケートボードカルチャーをリアルに体現するメンバーで形成されるChrome Familia。メンバーは一年のほとんどをツアーで過ごし、忙しい日々を送っている。発売を控えたバックなどのテストを行い、彼らの意見が実際のプロダクトに反映されているおり、Chromeが掲げるモットーに欠かせない存在、それがChrome Familiaなのだ。